2020年の終わりに

「HSC改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
いつもお読みくださり、ありがとうございます。

メルマガでは、カウンセリングの基盤となる心配性、意欲がない、反抗的、また元気がなかったなどのHSCの子どもが、元気になる改善方法を「5STEPメール」で公開しています。

HSCの気質を持つお子さまが不登校になることが多くあります。

HSCと不登校は、切っても切り離せない事柄でもあり、メルマガで、HSCと不登校についての考え方、これからの時代に必要なことなど、3回に渡り配信しています。

(不登校「解決」に関してのカウンセリングは行っていませんと記載していますが、不登校になっているからお引き受けしていない訳ではありません。)

今回、私の個人的な不登校の考え方や子どものことも書いているため、メルマガ限定での配信にさせていただきました。

大変申し訳ございませんが、これまでご登録いただいた方で、

お名前のみ、ニックネームのみ、一文字のみ、カタカナひらがな記名のみの方、メルマガ未確認の方(迷惑ホルダーに入っているか、再度申請いただけなかった方)は、配信から外させていただきました。

こちらに頂いたメールアドレスなどは、責任を持って管理しています。

ご希望の方は再度、本名、フルネーム(漢字の方は漢字)でのご登録をお願いいたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 
 

 まずは、👇からメルマガ登録をして、5STEPメールを読んでみてくださいね。

「HSCと不登校の関係」メルマガ VOL1~VOL3は、
5STEPメール配信後に3日連続で送信いたします。
 
子どもがたくましくなる対応法
☆HSC・5ステップメール・メールマガジンのお申込みはコチラから👇(無料)
◆メルマガには、お名前とメールアドレスを入れていただいています。
名字のみ、お名前のみ、ニックネームのみ、カタカナ、ひらがなのみのご登録は出来ませんので、
氏名を漢字で登録してください。(登録解除はいつでも可能です。)

◆  ✉が届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダー」をご確認のうえ、
お問合せくださいますようお願いいたします。 

——————————–
2020年の終わりに
——————————–

こんにちは。

今年は、コロナ一色で終わりそうですね・・・

私は、HSS型のHSP(刺激追究型)なので??かは、わかりませんが、

自粛期間は、結構つらいものがありました。

以前のブログにも書いていたようないろいろな対策をしていたのですが、

家にずっといると、閉塞感が増してきます。

逆に、多数の内向型といわれるHSPの方は、

家にいることができて、リモートでのお仕事や、家事をしているのは、

めちゃくちゃラク!天職だったか!というほど、

苦じゃない方もたくさんいらっしゃっいました。

私は占星術は、全く詳しくないのですが、巷では

12月22日に、地の時代から風の時代に突入したと言われていますね~

これからは、HSP(HSCの子どもも)の人が、生きやすい時代にもなっていくようです。

どんどん世の中が変わっていく中で、

HSCの子育てで、変わるもの、変わらないものを

不登校とHSCの関係から、纏めてみました。

このメルマガを書くのに、2か月くらいかかってしまいました。

(👆自慢できたものじゃありません💦)

子どもの不登校時代から十数年の継続登校を経てわかったこと、

不登校克服に携わって、多くの子どもとお母さまを長年に渡りみてきたこと、

答え合わせをしたアメリカの心理学や脳科学、エネルギーや意識の伝わり方、

HSC、HSPの気質のこと、母親との関係のアダルトチルドレンについて、

母子密着や過保護過干渉の関係など・・・

多くのことを学んできて、今の時代を鑑みて書いています。

よろしければ、このお正月にでも

ぜひ、じっくりお読みになってみてくださいね。

何かお母さまの中で、意識が変わることがきっとあると思います。

今年は、本当に大変な1年でしたね。。。お疲れさまでした。

皆さま、どうぞよいお年をお迎えください🎍

 

 
子どもが心配性・些細なことで凹むので心配。
ヤル気がないので意欲のある子どもになってほしい。
HSC性格を改善する方法を知りたい、と思われているお母さまは、
お試しカウンセリングをお申込みくださいね。
 
           
               (通常120分・20,000円)
 
ご予約お待ちしています♪
 
ご相談者様の状況に合わせて、どのように改善していくのか、
ご説明させていただきます。
 
お試しカウンセリングを受けただけでも、方向性がわかって
気持ちが軽くなった!とおっしゃる方が多くいらっしゃます。