HSCアクセスTOP5・過保護過干渉の線引き

HSC改善
「HSC改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
 HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMamiです。
 
他にはないHSCシンプル子育て法で、ママもHSC子育てがラクに。
お子さまはメンタルがたくましくなり、生きやすくなってきます♪

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

以前にもアクセスTOP5記事をお伝えしたのですが、日にちが経ちましたので、

まとめて読んでいただけるように調べてみました。

 

TOP5の記事は、皆さまが知りたい!と思われていることだと思いますので、

よろしければご参考になさってみてくださいね。

 
 
継続カウンセリングに入ると、ほとんどのママさんは、過保護・過干渉しない方がいいとわかっているのですが、その具体的な線引きがわからないです。と言われます。
 
私も、娘が不登校になる前、干渉しているつもりは全くなくて、
なんなら、干渉してない方だわ♪とさえ思っておりました。
 
今思い返してみたら、ですが、
過保護・過干渉、先回りの言葉かけもメッチャしておりました😓

線引きがわからなかったんですね。
 
今は、世の中の風潮、全体的にみても、子どもには手厚く構う傾向があるので、
(HSCちゃんには、特にそう言われてきましたから・・・)
その線引きをもっと難しくしているようです。
 
HSCのお子さまと、そうではない場合は、対応が違うのです。
 
ここではどなたにも当てはまるところで、
基本の線引きについて、ざっくりになりますがお伝えいたします。
 
———————————————–
HSC・過保護・過干渉の線引きはどこ?
———————————————–
 
HSC改善・3つの法則の1つに「過保護・過干渉を止める」があります。
これは、先回りの子育てをしないということでもあります。
 
ほとんどのHSC子育て法の考え方には、
敏感で繊細であるというHSCの気質があるので
👇
先回りして、子どもが不安にならないようにサポートしてあげましょう。という考え方があります。
 
 
確かに一見、良いように思いますが、これをしてしまうと、
👇
子どもが自立できずに、なんだかわからないけど怖い、不安という
心配性の子どもになってしまうのですね。
 
ほとんどのママが良かれと思って、気付かないうちに過保護、過干渉をしています。
それは「繊細だから」という子どものHSCの性格がゆえにしている対応です。

実はここが、誤解の元なのですね。

なので、改善のための線引きはみなさまが思っているよりも、厳しめになります。
この過保護・過干渉の線引きをしっかりとしていかないと、ますます敏感な、ますます繊細なますます心配性な子どもになっていき、
👇
ママがいないと何もできない、なんだかわからないけど、漠然といつも不安があるという子どもの性格になってしまうのです。
 
ママ、これしていい?
ママ、これ食べてもいい?
ママ、ママが決めてくれる?
ママ、○○がないんだけど、どこにあるの?
ママ、どうしたらいいの?
 
これらの言葉が多く出てくる場合、
何かを決める時に、自分で決められない子どもになっているということになります。
 
自覚なく、小学生高学年でも、幼稚園のような対応をしていることが多くあります。
 
もし、子どもがこの年齢にしては幼いな〜と感じたら、
 
*子どもがその年齢では自分できることには手を貸さずに「それは自分でしてね。」と(優しく)言ってみてくださいね。
 
子どもが反抗してきたり、屁理屈を言ったり、なかなかしなくて困ってしまう場合もありますが、まずはそちらの方向で試してみてくださいね。
 
 
子どもが心配性・些細なことで凹むので心配になっているママへ
お試しカウンセリングでお話を伺ってご質問にもお答えしています。
👇
 
声かけで気を付けることや、手順は、5ステップメールでお伝えしていますので、
👇からメルマガ登録をして、ぜひ読んでみてくださいね。

 

◆メルマガのご案内◆

 

◆メルマガには、お名前とメールアドレスを入れていただいています。
名字のみ、お名前のみ、ニックネームのみのご登録は出来ませんので、氏名を登録してください。(登録解除はいつでも可能です。)

◆  ✉が届かない場合は、お手数ですが「迷惑メールフォルダー」をご確認のうえ、
お問合せくださいますようお願いいたします。 

 
 
~お知らせ~
初回お試しカウンセリングは、対面をお勧めしておりますが、新型コロナウィルスの影響で、
オンラインカウンセリング(ZOOM・skypeまたはお電話、いづれも通話料無料)に変更しています。(対面も可能です。お問合せ時にご希望をお知らせください。)
 
オンラインは、全国どちらからでもカウンセリングが受けられます。