HSC・子どもが訴えてくる意味

HSC改善
 
「HSP改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
 
———————–
実践してみると難しいこと
————————
 
前回の記事で、
子どもは別人格と思おう!と書きましたが、思うのは簡単です。
 
実際に、日常生活で、別人格と思って
子どもに任せて、見守ってみる。
 
これをやろうとしたらとっ---ても、難しいのです。
 
でも、これが、とっても大事なことなのです!
 
 
私の場合は、自分の思い通りに「こんな子に育って欲しいよ」
というのが強かったのですが、
 
たとえば…
 
自由で大らかな子どもになって欲しい、と心から望んでいたのに
 
見守ることが出来ずに、心配で先々声を掛けてしまう。という日常でした。
 
 
今、考えても子どもの自立の芽を摘む毎日。
 
 
繊細で敏感な子どもだったのに、私がいろんな言葉かけをすることで
 
いっぱいいっぱいになっていたのだと思います。
 
 
———————–
子どもがHSCで訴えてくる意味
————————
 
子どもは、不登校になることで、
 
ママ、もううるさいよ
ママ、変わってよ
ママ、もうわたしは、いっぱいいっぱいなんだよ
 
と教えてくれたのだと思っています。
 
 
HSCの子どもが本当の意味で生きやすくなる対応をママが学んで、
 
実践していくことで、子どもがイキイキと変わってきます!
 
 
 
はじめての方へ
お試し個別カウンセリング・60分 5,000円