HSC・敏感で繊細・心配性の性格改善・VOL3

HSC改善
 
「HSP改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
 
★HSC・子どもの性格の心配性は直るの?
 
○○をしていくことで直りますよ。
 
 
 
子どもは、良くも悪くも親の影響を大きく受けて育ちます。
特に母親の影響が大きいのですね。
 
なので、特に敏感な子どもの対応には気を付けなければいけませんね。
 
(ちょっと、ニワトリが先か論みたいになってしまいますが、)
子どもが、敏感な性格だからママが心配性になってしまったのか、
元々ママが心配性で子どもも心配性になったのかもしれませんが、
 
どちらにしても、改善できると
ママも子どももラクになりますね。
 
 
ママが心配になって
子どもに不安をあおる言葉掛けや、先回りの言葉掛けをする。
 
    ⇓
 
ママの影響を受けやすい子どもは、敏感に察知して、反応して、
結果、ますます心配性の子どもになる。
 
    ⇓
 
子どもが不安や心配を訴えてくるので、またママが心配になる。
 
 
という悪循環に陥る訳です。
 
 
子どもが元々敏感という特性はあると思いますが、
生まれた時から心配性な子どもはいないのです。
 
 
後づけ(環境・親・育成者)によって、
心配性の子どもになったところがあります。
 
じゃあ、私が悪いの?!とご自分を責めるママがいますが、
決してそうではありません。
 
ただ、子どもの個性だから・・と認めているだけではなく、
考え方を変えてみると、
 
後からつくられた性格なら、
ママの対応を変えていくことで
心配性は直るということになりますね!
 
 
実際に、子どもが心配や不安を訴えなくなり、
びっくりするほど心配性が直っています。
 
 
子どもの必要以上の敏感な心配性の性格が改善され、
学校でも生きやすくなる為に
 
ママの対応を毎日、変えて積み重ねていくのです。
 
今日から、先回り・不安をあおる言葉掛けを止めてみましょう!
 
どの様に変えていくのか、詳しくはまたメルマガでも
配信していきますね。
 
 
HSCの子育てはシンプルに!
それが出来るようになれば、
 
 
はじめての方へ
お試し個別カウンセリング・60分 5,000円