HSCの子どもに何げなく掛けている言葉の威力

HSC改善
「HSP改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
———————————————–
HSC・敏感で繊細な子どもを持っているママへ
———————————————–
 
 
—————————————
○○しなさい!と毎日子どもに言ってますか?
—————————————
 
毎日の子育ての中で、
 
早く○○しなさい、
○○してから○○しなさいよ!など
 
普通に声掛けしていることが多くあると思います。
 
たとえば・・・
 
早く着替えて用意しないと学校に遅れるよ!
お稽古に遅れるから早く準備しなさい。
TV観てないで早くご飯食べてしまいなさい。
ご飯の前に宿題やりなさいよ。
明日の時間割を先にしちゃいなさい。
早くお風呂に入ってきなさいよ。
お風呂出たら、早く寝なさい。
 
これを言わないと、何も進まないですよね。。
 
なので、特に意識もしないで言っていると思うのです。
 
 
私は、子どもが不登校になる前は、当たり前に言ってました。
 
特にHSC性格を持ったお子さまの場合は、注意が必要です。
 
 
—————————————
○○しなさい!のHSC子どもが捉える意味
—————————————
 
○○しなさい!というのは、HSCの子どもにとって
あなたは○○出来ていないダメな子!と
言われていることと同じ捉え方になります。
 
 
日常でこれを繰り返すと、
 
子どもは認めてもらえない自分(子ども)というものに
 
たとえ不登校にならなくても、大人になってからも
 
苦しめられることになってしまいます((+_+))
 
 
特に、HSCの性格を持っていたら、です。
 
 
 
子どもが自ら、
 
自分のやるべきことは出来る、自立した子どもになった時、
 
HSCの性格が改善されています。
 
 
法則を使って改善していけますよ☆
 
まずは、指示・命令の声掛けを減らしてみてくださいね。
 
 
 
はじめての方へ
お試し個別カウンセリング・60分 5,000円