HSC改善・ママがHSPの場合

HSC改善
「HSP改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
 
 
———————–
子どもがHSC・ママがHSPの場合
———————–
HSPとは?
HSP
HSP敏感・繊細な性格で生きづらくなってしまった方へ   HSPを改善して自分の人生をラクに生きたい人のための「HSP改善の3つの法則」が身につけられるカウンセリングを行っています。         はじめまして。...

HSPとは、敏感で繊細、よく気が付く人のことをいいます。

 

子どもがHSCで、

ママもHSPである場合と、ママはHSPではない場合があります。

 

◆◇ママがHSPの場合◇◆

☑ 子どもが学校になじめるか、心配になる

☑ 子どもが風邪を引いたり、気持ち悪いと言ってきたら過剰に不安になる

☑ ママ友といると、気疲れしてしまい、帰るとクタクタになる

☑ 子どもが不機嫌にならないように、子どもにも気を遣ってしまう

☑ 子どもに必要以上に怒ってしまう

☑ 自分の子どもはこうあるべき、というルールがあり、変えたくない

☑ 自分の意見より子どもの意見を優先するのが当たり前だと思っている

☑ 子どもが、いい加減なのは許せない

 
———————
ママがHSP・ダブルの大変さ
———————
 
上記のチェックに当てはまりましたでしょうか?
 
子どもの問題があって、そちらに気をとられている

自分がHSPであるということを自覚できない場合があります。

 

また、自覚はあっても、HSPの性格が故に、

私は、こんなことではまだまだ大丈夫だから。こんなことで弱音を吐くなんて弱い私はダメだ、と

一生懸命に頑張ってしまうことが多いのですね。

 

そして、頑張り切れなくなった時に、体調不良として

不快な症状が身体に出てきます。

 

それでも、これはただの体調不良、私は身体が弱いから、と

気付けなかったりします。

 
————————–
HSPのママが変わっていけるとき
————————-
 
👆に書いたことは、私のことでもあります。
 
別に良い人だから、という訳でもないのですが、、
自覚がないって、自分を犠牲にすることになり、怖いことだなと思います。
 
カウンセリングを受けてみると、思いの外、
私って、頑張ってたんだな、がんばり過ぎにも気づけないほど頑張ってきたんだな、と
気付けることがあります。
 
そこに気付いたら、変わっていけます。
 
ママがHSPの場合の、子どものHSC改善には、
ご自身の方のケアーも一緒にしていってあげないと、ある時、崩壊してしまいます。
 
またママがHSPではない場合の、苦悩もありますので
次回、お伝えいたしますね~
 
苦しまなくても、
改善の方法は、たくさんありますよ!
 
 
はじめての方へ
お試し個別カウンセリング・60分 5,000円