HSC・登校までのママの対応

HSC改善
「HSC改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
HSCのお子さまに合った他にはない対応のシンプル子育てで、ママもHSC子育てがラクに、お子さまのメンタルがたくましくなり、生きやすくなってきます♪
 

◆お知らせ

現在、新型コロナウィルスの影響で、オンラインカウンセリング(ZOOM/Skype/電話など・通話料金無料)に変更させていただいています。全国どちらからでもカウンセリングが受けられます。
 

緊急事態宣言もやっと解除になりました。
まだまだ気を付けなくてはいけないですし、制約はあるとはいえ、
やはり気持ち的には、少しだけホッとしますね。

どんなにストレス解消をしていたとしても、知らず知らずにストレスは溜まっているものです。

HSPの方は、かなりきつかったと思います。カウンセラーをしていて対処法は知っていても、気質自体は変わらないので、その辺りは同じです。子どももまた同じですね。

特にHSCの気質のお子さまは、新しい学年、新しいクラスメイト、新しい環境に入っていくのは、初日はなかなか勇気が要ります。休校で休んでいたこともあって、身体も心もついていきにくいこともありますね。

子どもが、不安を口にしたりしなくても、
ママの方が見ていて心配になっています、というご相談も受けます。

 

————————————————
登校までの対応は、どうしてあげたらいいの?
————————————————
 
来週から学校のところが多いと思いますが、子どもが不安にならないようにと、

ママは、いろんな子どもが安心する言葉かけをしがちです。

言葉かけをしないなんて、不親切だし、かわいそう。。。

心配しなくても大丈夫だよ。と言ってあげた方が、子どもも安心するのでは?というのは、

普通のことと思いますが・・・

私がお伝えしているのは、

「なるべく、いつも通りに、普通にしていましょう!」ということです。

理由もあります。
 
——————————————————————–
安心する言葉かけで子どもは本当に心配性が改善する?
——————————————————————–
これまでママが、いくら、心配しなくても大丈夫だよ!と言ってあげても、
子どもの心配性は改善されてこなかったと思うのです。
(その時、一瞬は、子どもも安心感を得られます。)
 
登校前は、なるべく普通にしていた方がいいのです。
 
何気なく話し掛けている「明日からいよいよ学校だね。○○だね。(楽しみだね、久しぶりだよね、長かったね、など)初日は緊張はするかもしれないけど、みんな同じだよ、大丈夫だからね。」などという言葉も、

HSCで、学校に行きつらくなっている子どもにとっては、
プレッシャーや不安な気持ちになってしまう言葉かけになります。

 
 
——————————————
声かけしないのは、不安・・・
——————————————-
そうは言っても、何も声掛けしないのは、やっぱり私も不安になります~というママもいらっしゃいます。メルマガで考え方と手順を、お伝えしていますので、ご参考になさってくださいね。

どのように改善していくのか、詳しく聞いてみたいママは、お試しカウンセリングを受けてみてくださいね。

もう少しで、通常の生活に近づきます。

ママも、もうひと踏ん張り、笑顔でいってらっしゃい!と
子どもを送れるようにしましょう~

 

☆只今、オンラインカウンセリングをしています。
 
 
声かけで気を付けることや、手順は、5ステップメールでお伝えしていますので、
👇からメルマガ登録をして、読んでみてくださいね。
 
 
子どもがたくましくなる対応法
☆HSC・5ステップメール・メールマガジンのお申込みはコチラから👇(無料)
◆メルマガには、お名前とメールアドレスを入れていただいています。
名字のみ、お名前のみ、ニックネームのみのご登録は出来ませんので、氏名を登録してください。(登録解除はいつでも可能です。)

◆  ✉が届かない場合は、お手数ですが「迷惑メールフォルダー」をご確認のうえ、
お問合せくださいますようお願いいたします。 

 
 
子どもが心配性・些細なことで凹むので心配。
ヤル気がないので意欲のある子どもになってほしい。
HSC性格を改善する方法を知りたい、と思われているお母さまは、
お試しカウンセリングをお申込みくださいね。
 
           
               (通常120分・20,000円)
 
ご予約お待ちしています♪
 
ご相談者様の状況に合わせて、どのように改善していくのか、
ご説明させていただきます。
 
お試しカウンセリングを受けただけでも、方向性がわかって
気持ちが軽くなった!とおっしゃる方が多くいらっしゃます。