HSC・子どもの反抗期がないって怖い?

HSC改善
「HSC改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
HSCのお子さまに合った他にはない対応・シンプル子育て法で、ママもHSC子育てがラクに、お子さまはメンタルがたくましくなり、生きやすくなってきます♪
 
~お知らせ~
初回お試しカウンセリングは、対面をお勧めしておりますが、新型コロナウィルスの影響で、
オンラインカウンセリング(ZOOM,Skypeまたはお電話)に変更しています。
(対面も可能です。お問合せ時にご希望をお知らせください。)
 
オンラインは、全国どちらからでもカウンセリングが受けられます。

 

 

 

お試しカウンセリングの中で出てくるご質問について、

私のご提案していることをシェアーしてみたいと思います。

考え方のご参考になればいいなと思っています。

 

私のご提供している3つの法則では、親の問題と子どもの問題にしっかりと境界線を引くことをしていくので、3つの法則で対応していくと、中学生になっても特に反抗期っていうのは皆さまないようですよ。とお伝えしたのですね。

 

これは、普段の家庭生活の中で、子どもとの信頼のベース作りをしていくというものをHSCのお子さまに合わせて先に作るから、

  👇
その結果として、

  👇

子どもがママに対して、反抗したくなるような、反抗するような出来事や、反抗する必要がない、ということなのです。

大枠の流れは、STEPメールに記載していますので、ぜひお読みいただきたいな〜と思うのですが、

その時のご質問は、反抗期がないっていうのは、子どもが反抗できないように(親が)コントロールしてるからではないですよね?でした。

 

たぶん、世の中では子どもに反抗期がないのは怖いこと

 

=子どもが自分の意見の主張ができなくて内に抱えて我慢して反抗してこない、我慢した分大人になって後から爆発して出てくるかも・・というような解釈であって、

 

素朴な疑問として、反抗期がないってあり得るの?という感じなのかな〜と思います。

 

親がコントロールして何も言わせない、反抗させないということとは全く違います。

それは、私がお伝えしていることこ真逆のことですね。

 

これは小学生でもですが、

 

まずは子どもが反抗してくる時の前の親の言葉を拾うと、指示・命令・提案していることが多いと思います。

 

それはしてないです〜というママでも、カウンセリングでみていくと、
見つかりますよ。

 

HSC改善の対応には特別な対応があり、

そこを変えていくと生きづらい部分が緩まって、

ママも子どももラクになりますよ♪

 

◆メルマガのご案内◆

メルマガお試し読み・公開記事はこちらから👇

 

 

◆メルマガには、お名前とメールアドレスを入れていただいています。
名字のみ、お名前のみ、ニックネームのみのご登録は出来ませんので、氏名を登録してください。(登録解除はいつでも可能です。)

◆  ✉が届かない場合は、お手数ですが「迷惑メールフォルダー」をご確認のうえ、
お問合せくださいますようお願いいたします。 

 
 
子どもが心配性・些細なことで凹むので心配になっているママへ
お試しカウンセリングでお話を伺ってご質問にもお答えしています。
👇