夏休みの間に子どもが変わる方法!

HSC改善
「HSP改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
★HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMami★です。
 
 
 
———————–
1か月半もの夏休み、どう過ごす?
———————–
 
長~い夏休み、子どもがずっと家にいる毎日(*_*;
 
ママは毎日、朝から食事の用意をして、片づけても片づけても散らかるお部屋、
お掃除・お洗濯して、宿題をやらせて、と休まる暇がありません。
 
子どもが、ワガママを言ってきたり、言う事をなかなか聞かなかったり、
癇癪を起したり、反抗的になったりすると、それはもうイライラがピークに。
 
ママの精神衛生上もよくないことはわかっていますが、
イライラしてしまうのですよね。
 
子どもの話を、ずっと聞いているのも苦痛、というママも
結構、いらっしゃいます。
私もはじめはそうでした。
 
よいママでいようといろいろ我慢していると、些細なことをきっかけに
つい、必要以上に怒ってしまったりすることもありますね。
 
だからと言って夏休みの間中、イライラして過ごすのは、やっぱり
いやですよね。。
 
 
———————–
夏休みにママができることを挙げてみる
———————–
 
そこで、毎日をイライラで過ごさないためにも
捉え方を変えてしまう、という方法が1つあります。
 
HSC改善のために
「夏休みだからこそ、ママができること」をしてみるのです。
 
ピンチはチャンスという言葉がありますが、
何かよくないことがある時こそ、実は、チャンスなのです。
 
これまで、何度もそのようなことに遭遇してきました。
 
皆さま、後になってから
あの時は本当に苦しかったけど、今となっては、
あの辛い出来事(主に家庭内暴力や不登校)があったから
変われて今があるので、よーくわかります!とおっしゃいます。
 
毎日イライラしながら過ごしても、
HSC改善のために充てても、どちらにしても長い夏休み。
 
どちらの方を選びますか?
 
 
 
————————–
HSC夏休みの過ごし方は大事
————————–
 
HSC改善の3つの法則に当てはめて
夏休みを過ごしていくことで子どもが変わってきます。
 
少し意識して対応していくと、ママの言動が変わってきます。
そうすると、HSCの性格の子どもは特に、おもしろいほど
すぐに気が付きます。
 
夏休みに対応を変えて、たくましい子どもにして
2学期に学校に行ける子どもにしておきましょう!
 
夏休みこそ、対応を変えていくチャンスであり、
毎日の対応に気を付けることで、お子さまが変わってきますよ!
 
 
はじめての方へ
お試し個別カウンセリング・60分 5,000円