HSC・アクセスTOP5(1) HSCの反抗期はどうなるの?

HSC改善
「HSC改善の3つの法則」を身に付けてラクに生きる!
 HSC・HSP性格改善心理カウンセラーMamiです。
 
他にはないHSCシンプル子育て法で、ママもHSC子育てがラクに。
お子さまはメンタルがたくましくなり、生きやすくなってきます♪
 
 
~お知らせ~
初回お試しカウンセリングは、対面をお勧めしておりますが、新型コロナウィルスの影響で、
オンラインカウンセリング(ZOOM・skypeまたはお電話、いづれも通話料無料)に変更しています。(対面も可能です。お問合せ時にご希望をお知らせください。)
 
オンラインは、全国どちらからでもカウンセリングが受けられます。

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

こちらのブログは、あまり更新できていないのですが、

これまで8万2千訪問していただいています。

多くの方に訪問していただきまして、ありがとうございます〜✨

 

HSC.HSPのことで気にかかっていたり、お悩みの方がたくさんいらっしゃるんだと、
改めて思います。

 

このブログから、

HSCとか、性格とか変わらないものだと思っていたし、そう聞いてもきたけれど

子どもが生きやすく変われるんだ!ということを、多くの方に知っていただけて、

HSCの子育てしていけるきっかけになれたなら、嬉しく思います。

 

ただ、残念ながら知っているというだけでは、変わらないことも事実としてあります。

そこで、過去記事から一番読まれている記事を加筆してお届けしたい!と思い立ち、

TOP10まで、お届けしたいと思います。

 

ダントツの1位は、想像していなかった記事でした。

HSCで生きずらそうに見える子どもの将来を心配するママが多いのでしょう😢

子どもの将来のことは、私が子育て中、一番心配していたことでもあります。

 

今後のHSC子育ての意識を変えられるきっかけになるかと思います♪

お楽しみに〜の方はお楽しみに💓

 

——————————–
うちの子はずっと反抗期?
——————————–
 
うちの子は、反抗期なんです。HSCで、何を言っても反論してきて、ふてくされるし、
もう育てにくいし、毎日イライラしています、というご相談、多いです。
 
反抗期というと、小学生の高学年や中学生というイメージですが、

HSCのお子さまの場合は、親の言うことに敏感に深く反応しますので、
未就園児や低学年から反抗的な態度を取ってくる子どももたくさんいます。

 
毎日の子育ての中でいちいち反抗されては、ママも疲れ果ててしまいますね。
それは改善するのでしょうか?
 
 
——————————————
HSCの子どもは小さいうちから反抗期?
——————————————
 
HSCのお子さまは例外なく、大変に聡明なので、
ああ言えばこう言う、屁理屈を言ってきたり、親の言動の矛盾をついてきたり、
反抗的になることや、言葉にできずに癇癪を起こすということも、
小さいうちからあるかと思います。
 
まだ小さい場合は、今はまだいいけど学年が上がってきて、
これが中学生になったら、高校生になったら一体どうなってしまうの?と
 
先行き不安ー子どものことも心配だけど、私の身が持つのかしら・・??
と思われるママも多くいらっしゃると思います。
(👆かつてのわたしです。)
 
でも、安心してくださいね。
改善していく方法はいくつもあります。
 
—————————————
3つの法則で反抗期はなくなる?
—————————————
 
巷でよく聞くこと。それは、
 
反抗期は、これまで親の意見を聞いてきた子どもが自己主張していく力をつけて、
大人になるために、誰もが通る、必要なこと。
反抗期ない子どもは大人になってから怖いよ。
成長の通過だから、通り過ぎるのを待つしかないのよ。ということ。
それも1つの考え方ではありますね。
 
HSC改善の対応には少し違った見方をします。

👇

小学高学年、中学生の反抗してくることのほとんどが、
親の指示・命令・提案に対してだと思います。
 
「宿題はしたの?」からはじまって「明日、テストあるんじゃないの?勉強したの?」
「早く用意しないと遅れるよ?」「寒いからこっちの洋服の方がいいんじゃない?」
「もうご飯食べたら?」「お風呂先に入ったらいいんじゃない?」などなど。
 
指示・命令・提案するというのは、

「親が」子どもにこうさせたい、子どもにこうあって欲しいと思って声かけをしています。
 
反抗してくるときは、何か「余計な一言」を言っていたり、対応を誤ったときがほとんどなのです。
(👆これ、耳👂が痛いのですが・・・今でも言わなきゃよかったということ、ありますよ💦)
 
 
◆HSCの子どもの場合は、そうでない子どもよりも、親の言葉かけに対して、敏感に深く受け取ります。なので、声かけには、意識していくことが、とてもとても大事になります。
 
大人になるために必要なこととは、反抗期ではなく、
子どもが自分で考えて行動できるようにしていくこと。
それを親がジャマしないこと。
 
そのために親の指示・命令・提案することを減らしていく。
 
3つの法則は、👆これをしていくので、
 
これまで、小学生のお子さまにこの3つの法則を使って対応してこられて、
中学生になってから反抗期になっている子どもはみたことがありません。
 
ママが言わなくても自分で考えて自分でするので、
指示命令提案をする必要がなくなります。
 
そうすると、子どもが反抗することも必然的に減ります。
 
そう考えると、子どもが反抗期ではなく、
親が子どもに反抗させていた「反抗させ期」であるのかもしれませんね。
 
 
HSCのお子さまに合った他にはない対応のシンプル子育てで、ママも子育てがラクに、
お子さまは生きやすくなってきますよ。
 
 
声かけで気を付けることや、手順は、5ステップメールでお伝えしていますので、
👇からメルマガ登録をして、ぜひ読んでみてくださいね。

 

◆メルマガのご案内◆

 

◆メルマガには、お名前とメールアドレスを入れていただいています。
名字のみ、お名前のみ、ニックネームのみのご登録は出来ませんので、氏名を登録してください。(登録解除はいつでも可能です。)

◆  ✉が届かない場合は、お手数ですが「迷惑メールフォルダー」をご確認のうえ、
お問合せくださいますようお願いいたします。 

 
子どもが心配性・些細なことで凹むので心配になっているママへ
お試しカウンセリングでお話を伺ってご質問にもお答えしています。
👇